読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大きくなったら何になりたい?

ある日のご飯中のこと。

息子に
大きくなったら何になりたい?と聞いた。

今までは
「新幹線になりたい!」

「キニンニンジャーになりたい!」

とかいう返答がほとんどだったので、今回はなんだ?どんな返答が来るか?戦隊ものか?とちょっとニヤニヤしていた。

すると予想していなかった言葉が返ってきた。



「お母さんになりたい」



???お母さん?

ちょっと拍子抜けしてしまった。


そ、そっか、どうしてお母さんになりたいの?


「お仕事する」


お仕事?何のお仕事したいの?


「お母さんが今してるお仕事がしたい」


急に大人びた顔して言った息子に、胸がきゅんとした。

私が仕事してる淋しさからか?
それとも純粋に私の背中を見てくれてなりたいと思ったのか

どちらにしても、グンと背中を押された気がした。

何かを得るためには何かを犠牲にしなければならないこともある

どうしても心苦しくなる時もあるけど、今できることを今少しずつがんばろう。

言葉の影響力と過去とこれから

私は言葉にすることが苦手だ。
 
語彙力のなさもあるかもしれない。

何か思うことがあってもなかなか言葉でうまく表現できない。

若いときはヘラヘラ笑っていても許されるところもあったが、30代ともなれば、そうはいかない。

しっかり伝えたいことは伝えねばと思っても、自分で壁を作ってしまう。

「NO」と言われることを怖がってしまう。

かと思えば思ってもないことをついポンと言ってしまったり。


自分の言葉で表現して相手にうまく伝える力がある方を本当にすごいと思う。




私はこの「言葉」で沢山の失敗をしてきた。
時に「言刃」になっていた時もあったと思う。

後悔も数えきれない。

過去にした経験は取り戻せないけれど、少しでもより良い自分にしていきたいと奮闘中。


数年前、結婚していた当時、私は妊娠中に不倫されていた。
元旦那の言動や義父母の言葉に更にボロボロになっていたが、そんな私を支えてくれた人たちの存在はすごく大きなものだった。

子供を産んでからも病室で息を殺して泣いていた。
家に戻ってからもフラフラだった。
私がいけないんだと責めた。
いつ帰ってくるか分からない旦那のご飯を作った。

でも、同情の言葉より、私を叱ってくれた人達がいた。「myway ちゃんがしっかりせなあかんで。myway ちゃんは真の通ってる子やって知ってる。今が踏ん張り時やで」

そう、私は自分を大切にしていなかった。
私は不倫をしている旦那を旦那だとありのまま受け止めていなかった。

ある意味私は逃げていたのかもしれない。

その後、離婚してからも変わらず「遊ぼ~!」と、接してくれる友達。
「ハッピーニューライフ!」と声をかけてくれた子。

沢山の周りの言葉やその人たちの存在に自分が支えられてきた。

本当に恵まれていると思う。

だから今度は自分が人を支えられるように。
人の役に立てるように。

まだまだ「怖い」という時もあるけれど、辛いときは支えてくれた人達のことを思い出す。

がんばろう。

運動会

保育園に入園してから2回目の運動会。

子供の1年の成長はすごいなぁと実感。

去年はよーいスタートの笛が鳴っても、ボーッとしていた息子。

今年は全力で走っている。

感動した。


しかし息子。あるプログラムの時、ボンボンを音楽に合わせてフリフリし、2曲目が始まる前に、突然

「おかあさん!!」と大声で呼ぶではないか。

なんだなんだ?トイレか?と混乱していると

 

 

 


「今日ごはん食べにいく?」



。。。隣のおばちゃん笑ってるし(笑)


それくらい堂々と人前に立てるようになったって事で。


あっぱれ、息子。

どうしようもない気持ち

腹ただしい事があった時、悲しいことがあった時、それは自分にしか分からない

回りに相談すればいつのまにか逆に自分が非難されてしまったり

それで更に落ち込んだり

気持ちに寄り添ってくれる人がいてもいなくても、どんなに辛いことがあっても、愚痴っても、
最後は結局、自分自身

人間ってそんなにきれいなことばかりじゃない

嫌な気持ちになる時だってある。

時間がかかってもいい、許さなくてもいい、ゆっくり自分らしく歩いていけばいい

いつか冷静にふっと立ち止まって離れたとこから自分を見つめることができたり

いつの間にか笑えてたりするもんね

嫌な気持ちになる自分を否定しないでこれからも歩いていこう

ストレス耐性に弱い

毎日疲れが取れない時、私は体力がないのか?と思っていた。
 
階段も辛いときがあり、昼休みはソファにそのままダイブ。

あぁ、体力つけなきゃいけないなぁ。
でも体力ない方ではないはずなのに。

そんな毎日を送っていたある日の朝、起きて異変を感じた。
 



耳が聞こえない



いや、正確には聞きづらい。


耳が詰まったような、音も耳の中で反響して気持ちが悪い。
 

1週間ほど様子を見ても良くならないので耳鼻科へ。

そこで診断されたのは突発性低音性難聴。




…ほーーー??ナニソレ?


「ストレスでなる方が多いです。心当たりはありませんか?」


ストレスかぁ。。。まぁあると言えばある。。。

とにかくしっかり睡眠取って体を休めてください。とのこと。薬もいただきました。


んで、ちょっと考えたけど。

私が近頃体が重かったのは体力より何より、一番の原因はストレスの消化不足だったんだなーと。

私はストレスを発散させることがひじょーに苦手。

色んな事を悶々と考えてウジウジしちゃうのよね。。。

紙に書いてケリをつけようと思ってもダメな時はダメ。

もうしょうがないなーこの性格。。。と半ば諦めております。 

で、ひとつ、寝る前に深呼吸して、なーんにも考えない時間を少し作ろうと決めました。

少しでもリフレッシュになればいいかな。
 

でも、耳鼻科での聴力検査、新人さんだったようで、最後の最後でヘッドホンからどでかい音をポーッ!!!!と出された時は、目玉が飛び出るかと思いました。

「検査はこれでおしまいです、お疲れ様でした」のあなたの笑顔がストレ…いや、忘れられません。

今の目標

今の私の目標。

それはまず実家を出て母子二人で生活をすること。

今はパートで短時間勤務。

今の現状それじゃ二人で独立して生活できない。

今はパートしつつ家事しつつ子育てしつつ、勉強中。

朝4時前に起きて勉強してその後ご飯作って。。。って順調に手順を踏めたらいいのだが、そうはいかないのが子育てね🌀

息子はワタシの気配を察知して起きてきたりする。

「なにしてるのぉ~?」



まだ5時前。


「まだ早いからもうちょっと寝てていいよ~☆」

息子を寝かしつけ、寝かしつけ、
寝かしつけられ。。。



はっ、いかん。

もうこんな時間。

くそ~!!勉強する時間がぁぁぁっ!!!



夕方仕事から帰れば戦いごっこ。

痛い。

手加減お願いします。


ささ、ご飯作らなきゃ。


「僕も手伝う!!」


ありがとう。嬉しいな~!の顔がひきつる私。

倍時間がかかる。。。(;´_ゝ`)



「歯磨きいや~!」

「お風呂いや~!」

「絵本読んで~!!」


毎日グッタリ。




でもそんな息子がいるから、頑張れるんだよね。

途中でもう無理かなと諦めかけた時もあるけど、やっぱり頑張りたい。

まだまだ至らない母さんだけど、あなたが一人の力で人生歩いていけるまで、頑張るよ。

はじめまして

母子家庭になって早何年?

息子は3歳。

口も達者になりました。

天の邪鬼なところもあるけど、お手伝いしてくれていつもありがとう。


でも、着替える時、パンツは早く履いとくれ。

風邪引くから。